指輪の種類

ペアリング  

「婚約指輪は給料の3か月分」と聞いたことはないでしょうか。実際にそれを信じている方も少なくはないのですが、実はこれ、海外の宝飾メーカーのキャッチコピーなんです。 婚約指輪が一般化してきた頃、あまり知識もない日本人はどのくらいのダイヤモンドリングを購入すればいいのか分かりませんでした。そこで、宝飾メーカーが、そのようなキャッチコピーを作って世間に浸透させたというわけです。 つまり、給料3か月分は宝飾メーカーの言い分で実際の相場ではありませんので、この話を信じて男性におねだりするのはやめた方がいいでしょう。 では、本当の相場ですが、これまでの統計から年収の8割程度と考えられています。つまり年収500万円の方なら婚約指輪の価格相場は40万円ですので、給料の1〜1か月半が平均になります。

婚約指輪には宝石をはめ込むスタイルによって様々なデザインがあります。 例えば、立て爪に一粒ダイヤをセッティングするスタイルをソリティア、センターの一粒ダイヤの両端に小粒ダイヤをセッティングするスタイルをパヴェ、リングに小粒ダイヤを一周セッティングするスタイルをフルエタニティ、リング半周に小粒ダイヤをセッティングするスタイルをハーフエタニティと言います。さらにリングの形状には、ストレート、V字、S字、クロスなどがあります。 リングの形状、宝石のセッティング、宝石の種類、宝石の大きさなどによって婚約指輪の印象はガラリと変わります。また、自分が気に入るリングデザインと似合うリングデザインは異なるため、実際に試着して決めるのがおすすめです。